ごあいさつ


この度は、「金の水研究会」をご利用いただき誠にありがとうございます。
私たちがお届けしております商品の大半は「金の水」を柱として構成されております。
その柱となる「金の水」は故 山内昌(あきら)先生によって1988年に「金」の超微粒子化に成功し商品化され、
幾度となる改良を経て現在に至っております。
「金」を超微粒子化し、水に溶け込ませたことで、身体の中に取り込むことが出来るようになったのは、
とても画期的であり、「金の水」の原点とも言えます。
この「金の水」は「飲んで・つけて・入れて」とその使い道は様々です。

「金の水」の「金」の大きさは1ppm(1ppmとは1ミリの100万分の1の大きさを言います)。
山内説から見た「金」の理想の大きさは、1ppmと位置づけ「金の水」を製造しております。
<※下記、分析試験成績書をご覧ください>


そして、「金の水」を原料として、「Keikoシリーズ」のライン化にもつなげることが出来ました。
毎日の健康のためにお飲みいただき、身体の外からは「Keikoシリーズ」でハリや潤いを補うことで、
「金」の有効活用を格段にアップさせることが出来るようになりました。
そして、「どくだみ入りソーラクゲン(ほうじ茶味)」で身体の内側からキレイに整え、
「金の水」の浸透度を更に高めていくことが期待できます。


金の水研究会のたくさんの思いが詰まった「金の水」や他関連商品が、
あなた様のお悩みに寄り添い、お役に立てることを願って、商品をお届けいたします。


お身体の不調やココロのお悩み(病は気からと申します)、
そんな時は・・・30年にわたり「金の水」を手掛け、
17年間、故山内先生よりマンツーマンで薫陶を受け「金の水」を熟知した
「高田富風(とんぷう)」まで、いつでもお気軽にご相談下さいませ。
年齢肌のお悩みや美容のことなどは女性スタッフにご遠慮なくお声がけください。
私たちも商品を日ごろから使い、その体験を元にあなた様にお伝えして参ります。

いただいたご縁に感謝して、お電話やFAX、インターネットからでも、
気持ちよく安心してお買い求めいただける雰囲気づくりを大切にしていきます!
新商品・新サービスを絶えず進化させていきます!

お気づきの点などございましたら、いつでもお電話やメールなどでお知らせくださいませ。
金の水研究会スタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。

 

高田富風

会社案内

  • 金の水
  • 「金の水」は有限会社 金の水研究会の登録商標です。登録第4281142号

会社概要

会社名 有限会社 金の水研究会
所在地 〒569-1042 大阪府高槻市南平台5-8-20
連絡先 TEL 072-692-7018
FAX 072-692-6688
Eメール info@kinnomiz.com




金の水分析試験成績書

タイトルなし


※1ppmとは1ミリの100万分の1の大きさです。



我社の強み

1988年、山内先生は「金の水」を発明しました。
「金の水」とは超微粒子金がイオン化した水。
その「金」の大きさは1ppm(1ppmとは1ミリの100万分の1で目には見えません)。
山内説では、人間のからだに「金」が溶け込む最良の大きさが1ppmだと指摘し、
理想の「金の水」が実現しています。

1.「金の水」を31年間取り扱っています。、
 「金の水」は「飲んで」「つけて」「入れて」と色々な使い方が出来ます。
  これができるのも「金」の超微粒子化に成功した結果です。

2.「①金の水」をもとにして、「②化粧水」・「③ジェル」・「④シルク石けん」を商品づくりに生かして、
  更に身体の内側からキレイにをコンセプトとし、
 「⑤どくだみ入りソーラクゲン(ほうじ茶味)」を商品化しました。
  この5つの商品は、当社のオリジナル商品です。
  金の水研究会の独自開発商品であり、我社の強みでもあります。

3. 経営計画書に基づき、お客様へ寄り添う、お客様から好かれる、愛されるスタッフに変貌しつつ、
  気持ち良くお買い物をしていただけるようにスタッフ一同頑張っていきます。
  新商品・新サービスを絶えず進化させていきます。