ごあいさつ

tonpu

私が「金の水」を知ったのは1988年。
山内昌先生との出会いがすべての始まりでした。
その当時の自らの衝撃的な体験と感動はすさまじく、今でも鮮やかに思い出されます。
そこから始まりました。
この「金の水」とは一体何なのか・・・・と。

一番困ったことは、「金」は貨幣や貴金属、伝統工芸品などにとどまるばかりで、
日本だけでなく世界中にも「金」についての生命体(人間、動物、植物)に関する文献が無かったということです。
故に教科書作りから始めなければなりませんでした。
私の前には道が無かったのです。
私や私の家族、そして友人や友人の友達・・・というように、
たくさんの人のお陰で一つ一つ積み上げていくことが出来ました。
勿論、山内昌先生の「言」が中心であったことは特記すべきことです。
おおまかに「金の水」の事を理解するのに10数年間かかりました。
(口にするモノはとても時間がかかるものです。)
その間私は「金の水」についての本を6冊出版。
これらの本の中には「金の水」の奥深さや山内理論の真実がいっぱい詰まっています。

 

「金の水」を飲む人の殆どは、本を読まれた人か口コミによるものです。
そして現在は以前に比べてたくさんの人が「金の水」を求め始めてきています。
「金の水」はとても奥深くて、高貴な水です。「金」は「美」と「健康」のために究極の域にあるのでしょう。
今後とも一層の精進をして、まだ私が掴んでいない部分の「金の水」の姿を完全にとらえたい。
ゴールドの輝かしい色は、この世の「美」の象徴と言えるでしょう。

高田富風

会社案内

  • 金の水
  • 「金の水」は有限会社 金の水研究会の登録商標です。登録第4281142号

会社概要

会社名 有限会社 金の水研究会
所在地 〒569-1042 大阪府高槻市南平台5-8-20
連絡先 TEL 072-692-7018
FAX 072-692-6688
Eメール info@kinnomiz.com