「金の水」はどのくらいの量を飲んだら良いのですか?
健康維持の方は通常1日20~30ccを目安にお飲みください。
体調がすぐれないときは、通常の2~3倍を目安に飲まれてください。
「金の水」はどうして薄いピンク色をしているのですか?
「金」が水に溶けると私たち人間の「目」には薄いピンク色、もしくは薄い紫色に見えるのです。
これは紛れもなく『純金』を使っている証拠です。
着色は一切しておりません。
どうぞご安心ください。
どくだみ入りソーラクゲンで、こんなに水様便が出ても大丈夫ですか?
ビフィズス菌・乳酸菌が、どくだみ入りソーラクゲンの中に入っている乳糖をエサとして食べます。
その時にたくさんの炭酸ガスを発生し(この時、少しお腹が張ったり、ゴロゴロ鳴ったりします)、
それがどんどん奥へ奥へと押し入ります。
乳糖は身体の中に吸収されず体内の余分な水分と一緒になって水様便として排出されます。
この時、宿便が出ることが多いです。
水様便が出たら身体がスッキリとなり、またダイエットにも効果的です。
「シルク石けん」と「ガジュツ入り石けん」の違いは何ですか?
大きな違いは石けんの成分と製法です。
シルク石けんの成分は高分子シルクと「金の水」のみで、ひとつひとつ丁寧に手ごねして作られています。
ガジュツ入り石けんは、パーム油とパーム核油をベースに天然ガジュツ、「金の水」に加え、高分子シルクも配合し、コールドプロセス製法を用い、成型され作られています。
どちらも機械や熱を使わず自然乾燥にて約1か月間ゆっくり寝かして熟成されております。
Keikoジェルはどのような時に使うと良いですか?
KeikoジェルもKeiko化粧水も働きは同じですが、特にジェルは保湿をより保てるように考えて作りました。
化粧水で潤いを補給し、ジェルをお顔全体に塗り、乾燥からお肌をしっかりとカバーし保湿してくれます。
お顔だけでなく、首元からデコルテにかけて、また、年齢が出やすい手や指先、全身にお使いいただけます。
様々なお肌のお悩みや年間を通しての保湿対策に是非ご利用ください。
化粧水・ジェルの成分の水はすべて「金の水」100%を使用しております。